競馬

競馬予想

ロンジンワールドベストレースホースランキングはウィンクス首位、ポエッツワードが新たに3位

読了までの目安時間:約 2分

 

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。今回の発表は、2018年1月1日から7月8日までに施行された世界の主要レースが対象で、120ポンド以上の32頭が掲載された。

 ウィンクスが130ポンドで今回も首位を守り、2位はガンランナーで129ポンドだった。3位タイはクラックスマンとポエッツワードで125ポンド。ポエッツワードはクラックスマンに2馬身1/4差をつけてプリンスオブウェールズステークスを勝って新たにランキングに加わっている。

 5位タイはジャスティファイとウエストコーストの2頭で124ポンド、7位タイがベンバトル、ハッピークラッパー、サンダースノー、トラピーズアーティストの4頭で123ポンドとなっている。

 その他には、コロネーションステークスを勝ったアルファセントーリ、エクリプスステークスを勝ったロアリングライオンが11位タイ(122ポンド)で新たにランキングに加わった。日本調教馬は、大阪杯を勝ったスワーヴリチャードが121ポンドで15位タイ、宝塚記念を勝ったミッキーロケットが120ポンドで22位タイに入っている。

(JRAからのリリースによる)

Source: 競馬実況WEB

 

競馬実況WEB

この記事に関連する記事一覧