競馬

競馬予想

ヤフオク マイブース

マイ・オークションをごらんください

【鳳雛S】(京都)~ハーベストムーンがしぶとく押し切る

読了までの目安時間:約 2分

 

京都10Rの鳳雛ステークス(3歳オープン、ダート1800m)は3番人気ハーベストムーン(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒4(良)。クビ差2着に2番人気グレートタイム、さらに1馬身1/4差で3着に1番人気コマビショウが入った。

ハーベストムーンは栗東・浅見秀一厩舎の3歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母レツィーナ(母の父キャプテンスティーヴ)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~

1着 ハーベストムーン(鮫島克駿騎手)

「前半で楽に行けた分が良かったです。最後は他に来られた分、伸びる感じでした。決して弱いメンバーではありませんでしたし、価値ある勝利でした。スタートが速く、ハナに行きましたが、前回は2番手からで勝っていますし、馬込みの中もダメではありません。レースが上手で、どんな競馬でも出来ます。まだ良くなるでしょう」

2着 グレートタイム(岡田騎手)

「最初のコーナーを回った時にペースが遅いと思い、思ったよりも早めに前をつかまえに行きました。しかし、相手は楽をしていた分がありました」

3着 コマビショウ(浜中騎手)

「ずっと右にモタれて、ラチから離れようとしませんでした。砂を被ると顔を上げていました。スローでしたが、ペースが上がってもまだラチにモタれていたので、加速が十分につきませんでした。最後伸びかけたところがゴールでした。それでもいい馬です」

4着 フィールシュパース(藤岡佑騎手)

「ペースが遅かった分、流れに乗って行けましたし、目立って伸びていました。馬群の中でレースが出来ましたし、次につながっていけると思います」

Source: 競馬実況WEB

 

競馬実況WEB

この記事に関連する記事一覧

ヤフオク マイブース

マイ・オークションをごらんください