競馬

競馬予想

90%以上の確率で月収50万円オーバーしています


詳細希望の方は、LINE友だち追加をして下さい。
友だち追加

【中日新聞杯】(中京)~ギベオンが2頭での追い比べを制し重賞初制覇

読了までの目安時間:約 2分

 

中京11Rの中日新聞杯(3歳以上GIII・芝2000m)は1番人気ギベオン(C.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒3(良)。ハナ差の2着に12番人気ショウナンバッハ、さらに4馬身差の3着に7番人気ストロングタイタンが入った。

ギベオンは栗東・藤原英昭厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母コンテスティッド(母の父Ghostzapper)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~

1着 ギベオン(C.デムーロ騎手)

「良いポジションが取れて折り合ってレースが出来ました。良い感じで上がって行けました。直線も良い脚でよく走ってくれました」

2着 ショウナンバッハ(鮫島克駿騎手)

「なるべく風の影響を受けない位置でレースをしました。この馬の持ち味はしっかり出してくれたと思います」

3着 ストロングタイタン(B.アヴドゥラ騎手)

「スタートが良く、良いポジションでレースが出来ました。かわされた時に怯むところがありましたが、そこからまた伸びました。夏に乗った時は心房細動で力を出せませんでした。今日は本来の力の片鱗を見せてくれました」

4着 レイホーロマンス(丸山元気騎手)

「トモが入らずスタートで後ろの位置になりました。最後は51キロもあって良い脚で伸びました」

8着 マイスタイル(田中勝春騎手)

「1コーナーの入りは良かったのですが、今日は上手くハミが抜けませんでした」

Source: 競馬実況WEB

 

競馬実況WEB

この記事に関連する記事一覧

90%以上の確率で月収50万円オーバーしています


詳細希望の方は、LINE友だち追加をして下さい。
友だち追加