競馬

競馬予想

【ユニコーンS】美浦レポート~リョーノテソーロ

読了までの目安時間:約 2分

 

 17日(日)に東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に出走予定のリョーノテソーロ(牡3歳、美浦・武井亮厩舎)について、追い切り後の武井亮調教師のコメントは以下の通り。

「前走(NHKマイルカップ)は一生懸命走ってくれましたが、芝の一線級は強かったという印象ですね。レース後はこれまでのレースの中で一番走りきったなという感じでしたが、オンとオフの切り替えがしっかりしていて、1週間くらい経ったらすぐに回復しました。

 まだ馬としては完成していないですし、この中間は体力面の向上を含めてルーティーンの調教をして、追い切りも長めからしっかりとやって来ました。(今朝の追い切りは)一生懸命走る集中力が長く続かないところがあるので、中間もそれを意識してキャンター、追い切りをして今朝もそこを意識するようにしましたが、集中して走れていたと思います。

 将来的にはこの馬にとってベストの条件はダートの短距離になって行くのでは、と考えています。ダートに戻るのは良いでしょうし、マイルも大丈夫でしょう。上手く対応して欲しいですね。前の馬を見据えて、ゴーサインを出してからの瞬発力は凄いものがあるので、中団あたりに構えて、前の馬を目標にするようなレースが出来れば、一番良いパフォーマンスが出来るのではないかなと思います。

 未勝利戦から3連勝した段階でも、良くなるのはまだまだ先だろうと思っていましたし、それは今も変わらないです。将来的に活躍できるような馬になってくれればと願っています。馬体を見るとこんなにトモが立派な馬がいるのか......と思うくらいの馬です。ぜひ競馬場で見て応援してください」

(取材:大関隼)

Source: 競馬実況WEB

 

競馬実況WEB

この記事に関連する記事一覧